about

ここは何?

本・音楽・旅のレビュー、日々のちょっとした出来事、ふと考えたこと、なんとなく調べたこと、などが書かれる予定のブログです。

あなたは誰?

書いてる人: mikrocosmoz(ミクロコスモス)

茨城在住、20代。熊本育ち。

高校生の頃、部活を5つ掛け持ちしていました。物理部・化学部・生物部・地学部・囲碁部。「多趣味は大成しない」と顧問の先生から卒業式の寄せ書きに書かれたことは良い思い出です。

大学生の頃も多趣味が高じて4つのサークルに入りました。天文研究部・ギター研究部・弦楽合奏団・読書会サークル。地球と星の勉強をしつつ、クラシックギターとコントラバスを弾きつつ、天体観測と読書会をしつつ、学部を過ごしました。学部と大学院では天文学の研究をしていました。その後仕事に就いて今に至ります。

2019年9月よりピアノを弾き始めました。今でも多趣味は治っていません。

趣味: あらゆるジャンルの音楽鑑賞。読書。移動すること。

名前の由来は?

『ミクロコスモス』(ドイツ語:Mikrokosmos, ハンガリー語:Mikrokozmosz)Sz. 107, BB 105は、バルトーク・ベーラが1926年および1932年から1939年にかけて作曲した全6巻、153曲の小品からなるピアノのための練習曲集。ピアノ演奏の教材として企画され、難度が漸進的に上がっていくように構成されている。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』